新型コロナウィルス対策


東峰学園では安心して学校生活が送れるように様々な対策を講じています。またサーモグラフィーの設置やサポートスタッフの配置など、村からの支援もたくさんいただいています。

May 2020

東峰学園感染予防ガイドライン

家庭で(朝)

毎朝、体温を測って健康チェックカードに記入します。(先生に提出します。)
発熱、かぜの症状があるときは家でゆっくり休みましょう。
マスクを着けて登校します。
バスに乗るときは、できるだけ間隔をあけて座り、マスクをしておしゃべりをしないようにしましょう。

学校で(授業中)

一人一人、間隔をあけて座ります。
先生が指示した時以外は、大きな声は出しません。
学習道具の貸し借りはしません。
マスクはいつも着けておきますが、体調が悪い時や先生から指示があったときは外しましょう。

学校で(休み時間)

トイレの後は、必ず手を洗い、自分のハンカチでふきましょう。(友達に借りません。)
運動場に出て遊ぶ時は、時間や遊びのルールを守りましょう。(先生に聞くこと)
図書室に行くときは、時間やルールを守りましょう。(先生に聞くこと)
授業が始まる前に、必ず手洗い(30秒)、消毒をしましょう。

家庭で(帰宅して)

帰ったらすぐに、手洗い(30秒)、顔洗いをしましょう。
病気に負けない体をつくるために、バランスのとれた食事、早寝を心がけましょう。

休みの日

必要のない外出はできるだけさけましょう。
人が多い場所などにはできるだけ行かないようにしましょう。(3密をさける)
外に出るときは、マスクをつけるようにしましょう。
早寝、早起き、朝ごはんを続けましょう。
家でできる運動(学園体操やストレッチなど)に取組みましょう。