学校の教育目標と経営方針

【1.学校経営の基盤】

本校の教育は、日本国憲法、教育基本法、学校教育法、学習指導要領、その他諸教育関係法規の理念のもとに、福岡県並びに東峰村教育施策要綱等に則り、子どもの実態に根ざし公教育としての調和と一貫性のある教育を推進する。学校経営に当たっては、次のことに留意する。

(1)福岡県の教育大綱「ふくおか未来人財育成ビジョン」を踏まえ、「福岡県学校教育振興プラン」(平成27年12月)の趣旨を生かした学校経営を推進する。



学校教育の目標

○社会的自立の基盤となる、学力、体力、豊かな心を培う。
○社会の変化に対応し、社会を支え、その発展に寄与する力を育てる。

 

学校教育で共有する指導方法

「鍛(きた)ほめ福岡メソッド」 コンセプト 鍛えて、ほめて、子どもの可能性を伸ばす!

鍛えて  (いろいろ試して解決したいと思う心やできないことをできるようになりたいと思う心を)
ほめて  (取組の結果や取り組んできた過程を)
子どもの可能性  (学ぶ意欲や自尊感情、向上心やチャレンジ精神、勤勉性や困難に立ち向かう心等)を伸ばす。

(2)東峰村教育施策を受け、東峰村立小中一貫校東峰学園としての責務遂行に努める。
※全職員で児童生徒を育てるため、小中兼務辞令の発令


「0歳から15歳までの15年間を一貫して見守り育て、確かな学力を身につけさせる
保小中一貫教育の推進を推進すること」

 1 組織的な学校運営と一貫教育の推進
 2 確かな学力と豊かな心の育成をめざす教育の充実
 3 コミュニティ・スクールの指定
 4 個々の児童生徒を伸ばす教育活動の充実
 5 心身ともに健やかな児童生徒を育成する健康教育の推進
 6 特別な支援を必要とする児童生徒への教育の推進
 7 使命感にあふれ、実践的指導力、専門的知識を持つ教職員の育成
 8 学校図書館の機能の充実と、読書に親しむ態度の育成
 9 基本的人権の尊重を基盤とした人権教育の推進
 ○社会の変化に対応し、社会を支え、その発展に寄与する力を育てる。

【2.学校の教育目標】

【校訓】  [自立・創造・友愛]
郷土を愛し、豊かな人間性と未来を切り拓く力を身につけた子どもの育成

(1)「郷土を愛する」とは
○自分の育った郷土との積極的で主体的な関わりを通して、郷土を愛する心、郷土をよりよくしていこうとする態度が育むこと。
○郷土の自然や文化、伝統に触れさせ、人々との触れ合いを深めることで、豊かな社会力を身に付けた郷土への愛着を高めること。

(2)「豊かな人間性」とは
○校訓の「友愛」である。つまり、他者とよりよく生きていく上で必要となる資質・能力である。
○自らの意思で社会規範を守り、自律・自制の心を持つとともに、互いに協調しあい、真理を求める心や生命、自他の人権を尊重する心、美しいものや崇高なものに感動する心、多様な人達と協働して学ぼうとする力を持つことである。

(3)「未来を切り拓く力」とは
○校訓の「自立」「創造」が実現されていくことである。生産年齢の減少、グローバル化の進展や絶え間ない技術革新等により社会が急速に変化し予測困難な時代において未来社会を切り拓くための資質・能力は、確かな学力、困難に打ち勝つ体力、それを支える意欲や態度である。
○感性を豊かには働かせながら、生きて働く「知識・技能」の習得、未知の状況にも対応できる「思考力・判断力・表現力」、学びを人生や社会に生かそうとする「学びに向かう力・人間性」の涵養等の資質能力を身につけることである。



【3.本校教育の具体的目標】

(1).目指す子ども像

郷土を愛し、豊かな人間性と未来を切り拓く力を身に付けた子ども


確かな学力

自分で課題を決め、学びを振り返る子ども

○めあてをもち、自分で学び、協働して共に学び合い、新しい課題にチャレンジする力。

○学びの中から自他の良さを感得し、意欲を持って学びに向かう力。








豊かな心

自分の良さに気づき、仲間とつながる子ども

○美しいものへの感動と生きることの喜び、感謝の心を持って自他を尊重しようとする態度。

○夢や志を持ち粘り強く取り組む態度。




健やかな体

困難に立ち向かい、体を鍛えるこども

○進んで心と体を鍛え、めあてを持って困難を乗り越え最後までやり遂げる力。

○安全安心を意識し、健康管理に取り組む態度。

(2).めざす学校像

子どもも教師も生き生きと活動し、信頼される学校づくりと特色ある学校

○ 子どもの夢と希望を育む学校
 ・子どもの思いや願いが生かされる。
 ・学ぶ喜びがあり、活気に満ちている。

○ 子どもや教職員のよさが生かされる学校
・明るい挨拶や歌声が響く。
・教師の専門性が生かされる。

○ 東峰村の環境と一体となった学校
・豊富な自然や人的資源が生かされる。
・東峰村の人の思いや、文化・伝統が生かされる。

(3).めざす教師像

一人一人の子どものよさを見つけ伸ばすために、常に学び続ける教師をめざす。

○ 学校の教育目標達成のため、自分の職務を主体的に遂行する教師
○ 一人一人のよさに気づき、やる気を育て、力をつける教師
○ 使命感に燃え、絶えず研修を積み、高度な専門性を身に付けようとする教師
○ 組織の一員であるという自覚を持ち、協働して共通実践に取り組む教師
○ 教育公務員や組織人として高いコンプライアンス意識を持ち、子ども・保護者・地域やから信頼される教師


(4).めざす授業像

感動、意欲、達成感のある授業をめざす。

○ 子どもの主体的な姿が見える授業
・課題の発見と解決に向けて主体的・対話的で深い学びのある授業
・他者と協働しながら自ら学びを進め、自らの学びを評価し活かす授業
○ 教師の専門性が生きる授業
・子どもの発達を支援する生徒指導、キャリア教育が活かされた授業
・小中交流授業や一部教科担任制による教員の専門性が生かされた授業
○ 地域の教育資源を活用する授業
・「ひと・もの・こと」の創意ある授業
・保小中の一貫した教育活動が生かされる授業



【4.学校経営の方針】

(1).学校・保護者・地域が一体となった「地域とともにある学校」づくりを推進する。

・ふるさと東峰村を愛し、未来を切り拓く力を身に付けた特色ある教育課程の編成
・学校運営協議会と協働した「社会に開かれた教育課程」の具現化
・子どもが「通いたい学校」保護者・地域住民が「通わせたい学校」となる学校環境づくり


(2).子どもが安心・安全に学ぶことができる環境づくりを推進する。

・持続可能な学校の危機管理体制及び指導体制づくりの推進
・学校の安全管理の徹底による防災・減災教育の推進、緊急対応マニュアルの共通理解
・徹底した感染症対策による新型コロナウイルス感染症に負けない環境づくり


(3).新学習指導要領の実施に伴う授業改善を推進する。

・「子どもが意欲的に自らの学びを考えながら学ぶ(学びの個別最適化)」の共通実践
・学力向上プランをはじめ、各プランの計画的な実施と評価改善
・教職員の協働によるカリキュラム・マネジメントの実施


(4).人権が尊重される学校づくりを推進する。

・すべての教室で人権が尊重される学校づくり
・「福岡県人権教育推進プラン」に基づいた人権教育の推進
・教職員の人権認識・感覚の育成


(5).豊かな人間性を育む教育活動を充実させる。

・全教育活動を通して、豊かな心をもつ子どもを育む道徳教育の推進
・縦割り班活動を通して「長幼の心」の育成
・自己指導能力を育む積極的生徒指導の推進
・教職員の人権認識・感覚の育成


(6).すべての子どもが輝く特別支援教育を推進する。

・一人一人の教育的ニーズに応じた合理的配慮の提供と交流及び共同学習の実施
・ユニバーサルデザインの視点を生かした通常学級における特別支援教育の充実
・個別の支援計画、指導計画の実施と関係諸機関との連携


(7).教育公務員としての自覚と自己研鑽に励み信頼される学校づくりに努める。

・教職員一人一人が学校参画意識を高め、教職員の努力が実る学校づくりの推進
・校長を中心に各主任・チーフ等のリーダーシップが発揮される組織運営
・教育公務員としての高いコンプランス意識の醸成と自己管理の徹底



【5.教育課題と経営課題】

(1).教育課題

・自分の学びのよさや課題の自覚化
・困難にくじけずやり抜く力の育成と自己肯定感の向上
・学力格差(低位児童生徒)の克服
・他者を意識した生活力の向上(挨拶、ことば、規範意識、人権意識)
・自己指導能力の育成(スマホ・携帯電話等との接触時間、生活時間、家庭学習)


(2).経営課題

・重点目標共有に基づく、小中一貫教育校の特色ある教育課程の共通実践
・学びを個別最適化する授業の確立
・参画意識を高める共同的・機能的な組織運営(3部会等の充実)
・キャリアステージに応じた人材育成
・コンプランス意識の醸成による不詳事防止と超過勤務時間の縮減



【6.本年度の重点】


課題を決め、自分の学びのよさがわかる子ども

合言葉

【 心をみがく・知恵をはぐくむ・体をきたえる 】

心をみがく   ・・・ あいさつとあったかことば
知恵をはぐくむ ・・・ ふりかえり       
体をきたえる  ・・・ あきらめない心と体   





【7.学校経営の重点】

(1).「子どもの学び」を止めない持続可能な学校の危機管理・指導体制づくり(危機管理)

○新型コロナウイルス感染症への積極的な対応と自己指導能力の育成
○「子どもの学び」を止めない指導体制の構築


(2).9年間で育てる組織運営(小中一貫教育のよさを活かした組織運営)
チーフを中心とした3部会の定例化と組織的・計画的な運営

○各チーフのリーダーシップによる行事内容・運営方法等の工夫改善
・小中一貫教育の特色が生かされる学校行事等の企画・運営


学園部会を中核とした組織運営の充実

○小学部・中学部の職員会議・運営委員会に活性化に資する学園部会運営
・小中一貫教育校の特色を生かす組織運営と学園部会の目的・役割の明確化


学校評価を生かす開かれた学校づくり

○自己評価と学級経営案、業績評価の一体化
○ホームページを活用した学校行事等の継続的な情報公開


コミュニティスクール(学校運営協議会)を生かした地域・保護者とともにある学校

○学校運営協議会による熟議・協働の推進
○地域公開授業・学校行事等を通じた「地域に開かれた教育課程」の推進
○学校関係者評価委員会による評価項目・評価指標の共有と改善・公表


子どもが安心して生活できる学校づくり

○不登校の解消のための取組の推進
・ケース会議の実施、「福岡アクション3」の共通理解
○「学校いじめ防止基本方針」の共通理解と推進
・担任一人が抱え込まない組織的な対応と早期発見・早期対応
○関係機関等との連携強化
・SC・SSW、要対協をはじめとする



(3).9年間で育てる教育課程
「自分の学びのよさがわかる子どもを育む」教育課程の推進(学力向上推進部を中心に)

○「主体的・対話的で深い学び」による授業改善
・教科の見方・考え方に着目し、見通しを持ち、共に考え、話し合い、考えを深化・修正してまとめ、学びを振り返る過程が明確な授業の具体化
○小中一貫教育校の特色を生かした教育課程の編成・実施・改善
・9年間をつなぐ学校行事等の工夫・改善(縦割り、隣接学年交流)
・小中一貫教育校のよさを深める小中交流授業の実施


「わかった・できた」を育む学びの土台づくり

○基礎・基本の定着
・子どもの意欲を引き出す「単元末テスト」の導入(中)
・ICT機器を活用した個別学習の充実(家庭学習を含む)
・自学ノートの充実


豊かな人間性を育む教育課程の推進(心づくり推進部を中心に)

○「心づくりプラン」の共通実践・・・心づくりは、いつでも・どこでも・だれとでも
○互いを尊び実践的態度を育てる「道・作法指導・あいさつ」
○9年間で育てる人権教育の推進
・人権感覚を育成する授業づくり(個別の人権課題を取り上げた系統的な実施)
○一人ひとりが主役となる自治的な委員会・生徒会活動の推進(自己有用感の育成)
○不登校児童生徒等への関係を大切にする学級集団づくり(学級の支持的風土の育成)


自ら体を鍛える子どもを育む教育課程の推進(生活力向上推進部を中心に)

○生活力向上推進部を中心とした組織的・計画的取組の充実
・「体力向上プラン」の確実な実施と成果の見える化
・感染防止のための自己管理能力の育成(3密回避、手洗い、うがい)
○保健主事、養護教諭、栄養教諭のリーダーシップによる健康教育の促進
・学校保健計画の進行・内容管理、栄養教諭による食育の授業参画計画の推進・改善


将来の夢と日々の学習をつなぐキャリア教育の推進

○「憧れと長幼の心」を育む縦割り活動
・「学園文化祭」、職場体験、ふれあい体験の実施


一人ひとりの子どもが輝く特別支援教育の推進

・自立活動、生活単元学習並びに交流及び共同学習の充実



(4).9年間を見通した校内研修
主題研修の推進

○「学びの個別最適化」に向けた共通実践
・学びの個別最適化を具現化する「東峰スタンダード」の作成とすべての学年・学級での共通実践
・校種による指導方法等の学びを深める小中間交流授業による職員研修の実施
○ICT教育研修の実施(GIGAスクールスタートアップ)
○福岡県重点課題研究の推進


現代的な諸課題に対応できる力を高める一般研修

○子どもを取り巻く環境の実態把握と対応についての研修の実施
・ゲーム・ネット依存(スマホ・ゲームの児童生徒、保護者アンケートの実施)
・福岡アクション3の共通理解・組織的対応
・人権教育の推進(個別の人権課題の理解促進、職員啓発)
○社会的自律をめざす規範教育
・薬物乱用防止、ネットによる誹謗中傷・依存防止、いじめ等防止教育、万引き防止、性の逸脱行動防止教育
○教育公務員としての使命を自覚し、服務を遵守する不祥事防止研修


キャリアステージに応じた人材育成

○ベテラン教員の実践力を継承するための意図的・計画的な場の設定
○次世代の主任・チーフ・主事・コーディネーター等の職務推進による指導力育成
○校外研修の積極的参加と校内への還元
○教育公務員としての自覚を高めるコンプライアンス研修の充実